架橋ポリエチレン管という素材について、普通のポリエチレン菅に比べていったいどのような点で優れているのかについて紹介をしています。

架橋ポリエチレン管の特長

架橋ポリエチレン管には様々な優れた特徴があり、例えば酸やアルカリ、その他の薬品などに強い耐久性を持つ為、さびなどはもちろんのこと水道水などに含まれる塩素などにも高い耐食性を持っているのです。

また温度が上昇する場所や急激に下がる場所などにも最適であり、水道はもちろんのこと給湯用としても使うことが出来るので、使用温度の範囲も広いのが特徴なのです。

また施工の際に関しても、パイプの内側が非常に滑らかであり、摩擦抵抗が少ないのでスケールの付着が少なく、電気の絶縁性なども高い為、金属管のような電食の心配がないことなども 挙げられます。

科学的に安定している架橋ポリエチレン管は、水道水などにも影響を及ぼさず安心して使用することが出来るので、健康面でも高い評価を得ており、プラスティック材料の欠点とされている環境応力亀裂などにも強いので、長年にわたる劣化がほとんどないとされており、パイプ内にかかる圧力などによる変形にも強いのが架橋ポリエチレン管なのです。